Skip links

2019.05.10 求人支援メディア「おしごと発見T-SITE」 月間13応募達成の仕組みとは?

Tポイント担当の野田です。

今回は㈱TSUTAYAが運営する求人支援メディア「おしごと発見T-SITE」を 活用している制作会社のD株式会社様の事例を紹介いたします!

近年、どの媒体に掲載しても応募が少ないため掲載期間を延長せざるを得ず、 求人掲載費がどんどん増加。また、在宅ワークの募集ということもあり意欲が高い人材を 採用したいが、応募後の連絡もつかない人も多く困っている状況とのことでした。

しかし、他媒体と組み合わせて月6万円で「おしごと発見T-SITE」へ掲載し、 月間平均13応募を達成し、意欲が高い人材を獲得することができました。

どのように他媒体と組み合わせて、なぜ意欲の高い人材を獲得することができたのか? その仕組みやノウハウを新広社がお答えさせていただきます。


下記、お問合せフォームからお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから


2019.04.25 Vol.2プランナーコラム

こんにちは!プランナーの後藤です。
もうすぐですね。いよいよ平成の時代が終わり、新たな元号「令和」が始まります! 寂しいような、ワクワクするような、何だか不思議な気持ちです。
ところで、「令和」の意味は皆さんご存知ですか?? 安倍首相の談話では「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」 という意味が込めたと話しています。 そして、外務省は海外に新元号「令和」の意味を表す際には 「beautiful harmony(美しい調和)」に統一する方針を決めたとのこと。
素敵な意味が込められているのですね。

さて、そんな新たな時代に合わせたお話を一つ。
皆さん、「ストリートピアノ」ってご存知ですか??
私はまだ実際に目にしたことはないですけど…で、
この「ストリートピアノ」ってどういったものかと言いますと、街角に置かれた誰でも自由に弾ける ピアノの通称でして、通りがかった人たちが思い思いに奏で、 それを目にした人が足を止め、聞き入り、また人が集まって、コミュニティが生まれる。 つまり、音楽を通じて人と人のつながりを生み出すといった趣旨を込め、 設置されるものなんです。
これは元々、2008年バーミンガム市(イギリス)で行われた
“Play me, I’m yours!(私を演奏して、私はあなたのもの!)”と題された
プロジェクトの一環で、市内に15台のピアノが3週間限定で設置したことが最初とされています。 このプロジェクトでは期間中、なんと推定14万人もの人々がストリートピアノを演奏したとのこと。
その後、このプロジェクトは世界中に広まり、約50か国1500台以上のストリートピアノが設置され続けているそうです。 そして、日本では2011年、鹿児島市の「一番街商店街」に設置されたのが最初でした。 「特別なイベントがなくても、普段から商店街を楽しめる仕掛けを」ということで設置したそうですが、企画当初は、 「外国人と違い日本人はシャイだから公共の場で弾くような人はいないのでは?」 という不安があったそうです。
しかし実際には、毎日多くの人が演奏し、 それを聞きにたくさんの人が集まっているとのこと。
そして今では、日本全国にどんどん広がりつつあるという状況です。
このストリートピアノには人を集める力も勿論ですが、特別な仕掛けもなく、 周囲の人の笑顔を生み出す力を持っており、管理さえしっかり行えれば比較的取り入れやすい代物です。
当然、このストリートピアノの本質はパブリック(公共性)なものではあるので、 無料で誰でも楽しめるものでなくてはなりません。 先の商店街の事例のように地域活性化の目的ではその有効性を発揮しますが、 商業施設でも「集客」という第一目的ではなく、あくまで「人々の素敵な出会いと、繋がりをつくる」 という社会意義ある目的で設置することが大事です。
そうすることで、この「ストリートピアノ」の存在を通じ、 その場所自体に深い愛着というものが生まれるものだと考えます。

さいごに。ストリートピアノって、新元号「令和」にぴったりですよね?
正しく「beautiful harmony(美しい調和)」の存在です。 新元号を記念した取組みとして、自治体や商店街の振興担当の方、商業施設の広報担当の方、
地域や施設の盛り上げの一助に、 ストリートピアノを設置してみるのはいかがでしょうか?

新広社では、広告やプロモーション、デザインなどを一気通貫して協力させていただきますので、 ご興味がある方は下記、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。お待ちしております。

お問い合わせはこちらから


2019.04.10 6万円から掲載可能な求人支援メディアの活用

新しくTポイント担当になりました野田です。

最近、就活生をたくさん見かけるようになり、
春を感じるとともに、学生さん頑張れ!という気持ちになりますよね。

そんなフレッシュな学生さんを採用する側の企業では、
人材不足に悩まれている・・・というニュースをよく見かけます。
また、実際、お客様からも人材不足だという悩みがよく聞かれます。
なんと、2018年度の「人手不足」関連倒産は400件で、
前年比28.6%増だったそうです。
採用にはとてもお金がかかりますし、人事担当の方は相当苦労されていることを 私も目の当たりにしてきました。

そこで、今回ご紹介させていただきたいのは
㈱TSUTAYAが運営する求人支援メディア「おしごと発見T-SITE」です。
カルチュア・コンビニエンス・クラブが所有している自社メディアも活用し、
他媒体にないトラフィックも集めます。 そんな「おしごと発見T-SITE」は、なんと6万円から掲載をすることができます!

現在ご利用中の求人メディアと「おしごと発見T-SITE」をどのように組み合わせて活用すると より効果が出るのか、そのノウハウを新広社がお答えさせていただきます。

下記、お問合せフォームからお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから


2019.03.25 Vol.2トレンドコラム

プロモーション部マーケターの野田です。
もうすぐ春ですね!暖かくなってきたかと思いきや、まだ寒い日が続きますね。 新年度に向けて、みなさんは何かしていること、したいことはありますか? 資格の取得、運動やダイエット、仕事と家事の両立・・・ 仕事だけではなくて色々したいこと、頑張りたいことってありますよね。

しかし今、女性たちのトレンドは「頑張らない」ことなのです。
WEBで「〇〇が良い」「▲▲はダメ」などの情報が爆発的に増え、
SNSではキラキラした完璧な女性たちを目にすることが増え、
「私はこんなキラキラした生活なんてできない」
「何が自分に本当に合うのか」「今のトレンドって結局何なのだろう」と
女性たちはすっかり疲れ切ってしまっているようです。

そんなわけで今、「頑張らない」ニーズが高まっているそうです。
調べてみたところ、「頑張らない」を勧める本も多数出版されているようですね。 こうしたトレンドを踏まえて、「頑張らない」「ずぼら」「ゆるい」「楽」などを テーマにした企画などはいかがでしょうか。

広告や販促、デザインなどを私たちが協力させていただきますので、 ご興味がある方は下記、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

お問い合わせはこちらから


2019.03.11 500通・約7万円から実施可能なDM媒体【T-DMタウン】

Tポイント担当の黒須です。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)様は、 現在6,800万人以上と日本の総人口の半分以上のTポイント会員を有しております。 (株)CCCマーケティング様はその会員の方々のデータベースを活かし、 ターゲティングに特化した広告媒体を多数展開しています。

前回ご紹介した【T-DM】は、 購買情報・サイト閲覧履歴等から詳細なセグメントが出来る媒体でした。
今回ご紹介させていただく【T-DMタウン】は、 【T-DM】ほどのセグメント力はありませんが、 性別・年齢・学年・勤務地でセグメントが出来、 500通・約7万円から実施ができるという手軽さが魅力の媒体です。

エリアは郵便番号単位で指定ができます。
大小問わず様々な会社様での実施事例がございます。

例えば・・・
とある自動車教習所では、
閑散期の生徒募集のためにT-DMタウンを実施。
約8万円で、閑散期の生徒獲得に成功しました。

何故閑散期にも関わらず、良い結果をたたき出せたのか?
どのようなエリア・セグメントでターゲティングをしたのか?

新広社がすべてお答えします。
下記、お問合せフォームからお問合せください!

お問い合わせはこちらから


2019.02.25 WEB広告成果事例「クリック率6.81%を叩き出したその広告とは?」

初めまして、WEBチームの宮澤です。
私からは弊社がお手伝いさせていただいたWEB広告を活用した
販促の好事例や、進化するデジタルマーケティングにおけるトピックスを
紹介させていただきます!

ご存知の通り、WEB広告には様々な成果指標があります。
インプレッション(表示回数)、クリック数、クリック率、そして
コンバージョン数(成果の数)などなど。
プロモーションの目的に応じて、どこに評価のポイントを置くのかを
事前にしっかりと決めておく必要がありますが今回は「クリック率」
について好事例のご紹介です。

WEB上で広告(バナーなど)を見たユーザーを最終的に
「来店」や「購入」「申込」などのコンバージョンに導くには、
まず①広告に気づいてもらい→②興味を持ってもらい→③詳細を調べるためにWEBサイトや LP(広告の受け皿ページ)に来ていただく必要がありますが、 このステップを踏んでもらうには効果的なバナーの制作が必要です。

「いかにしてクライアントのサービスや商品の魅力を伝えるか?」 新広社ではこの命題に真剣に取り組んでおり、 ユーザーに興味を持ってもらったかどうかの一つの指標として広告のクリック率にも注視しています。

ディスプレイ広告におけるバナーのクリック率は、 業種やターゲティングにもよりますが一般的に0.1%程度と言われるなかで 弊社では流通企業様の新店オープン告知のバナー広告でクリック率6.81%という 驚異的な数値を獲得した案件実績があります!

もちろん、クリック率だけではなく様々な指標を総合的に分析し、 しっかりとPDCAサイクルを回して行くことが重要という大前提ですが 6.81%という驚きのクリック率を出した、その媒体は?そのクリエイティブとは??

お問い合わせはこちらから


2019.02.10 6,800万人以上の会員のデータベースを活かした、ターゲティングに特化したDM【T-DM】

Tポイント担当の黒須です。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)様は、
現在6,800万人以上と日本の総人口の半分以上のTポイント会員を
有しております。
(株)CCCマーケティング様はその会員の方々のデータベースを活かし、
ターゲティングに特化した広告媒体を多数展開しています。

購買履歴や検索履歴を使ったセグメントで
ターゲットに近い層を絞り込み、
ピンポイントでアプローチが出来る【T-DM】もその一つ。

なんと、類似商品を購入している方をセグメントしたり、
検索履歴をもとに今まさにその商品に興味がありそうな方を
セグメントしたりができるのです。

T-DM実施により、非常に高い獲得率を記録した事例が多くございます。

例えば・・・
とある美容品通販会社では、
DMを送った件数に対して、無料おためし商品の請求があった件数の割合が
2.75%という好記録を達成しました!

何故そのような高い獲得率を達成できたのか?
どのようなセグメントでターゲティングをしたのか?

新広社がすべてお答えします。
下記、お問合せフォームからお問合せください!

お問い合わせはこちらから


2019.01.25 プランナーコラムVol.1

はじめまして!プロモーション部プランナーの後藤です。
私からは、こんな企画って今とこれからの時代や社会にマッチするんじゃないか??っという視点でお話をさせていただきたいと思います!気楽なコラムを目指しつつ、何か、販促のヒントに活かせるものがあれば嬉しいです!

さて、年も明けてもう1ヶ月が経とうとしています。
今年も色々な出来事が待っていますが、特に大きなイベントとして、”新元号”が5月よりスタートしますね。
それは同時に、様々な出来事、事件、流行を生んだ「平成」の終わりを意味していますが、最近ではテレビや雑誌で、その平成を振り返り、それを見てまた懐かしんでいる方も多くいらっしゃると思います。
さて、今回はそんな背景を通じた「懐古消費」についてです。

この「懐古消費」は、「楽天市場ヒット番付 2018」が発表したトレンド番付では東の横綱に選ばれています。
懐古消費とは、当時流行ったモノやコトを懐かしんでブームが再燃したり、 また似たところで、当時の流行を知らない若者には斬新に受け取られ、新たなブームとなっている消費のことです。

この消費トレンドは元号改定直前の今年の4月までは続いていくことでしょう…
例えば、食品流通業界の方にお勧めなのが、 「平成-食-物語」のようなテーマで、売り場づくりをする企画なんかはどうでしょうか??
平成時代に流行った食べ物などをノスタルジックに自宅で作って楽しむ! この30年という時間のおかげで、親子で楽しんだりすることも出来るでしょう。
時代の入れ替わりという社会イベントに乗っからない手はない!かと…

合わせて、手前で調べた平成時代に流行った料理や、食材の一例をご紹介します!
90年にはマスカルポーネが新鮮だった“ティラミス”
92年にはつぶつぶの“タピオカティ”
93年にはタピオカ続く新食感で一斉を風靡した“ナタデココ”
04年には東京を中心とした“ジンギスカン”ブーム
09年には一斉を風靡した“花畑牧場の生キャラメル” が誕生
10年には一大“食べるラー油”ブーム

今回は「懐古消費」について、それを背景とした売り場づくりの企画についてお話させていただきました!

新広社では、広告やプロモーション、デザインなどを一気通貫して協力させていただきますので、 ご興味がある方は下記、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

2019.01.10 Tポイント加盟店での成功事例「ホテル/Tポイント導入で直接予約数UP・リピーター数UP」

Tポイント担当の黒須です。
今回は、「ホテル運営のP社様」の事例をご紹介いたします。
2017年に導入した加盟店様です。
ポータルサイト経由による新規のお客様が
再利用いただく場合においても、ポータルサイト経由での予約であることが
多く、ポータルサイトへの支払いコストが増加していることが課題でした。
Tポイント導入により 再利用者のポータルサイト経由の予約割合が縮小し、 自社HPや電話による直接予約の割合が拡大しました。
また、同時にリピーターの人数も右肩上がりに伸びています。

なぜ直接予約件数を増やすことが出来たのか?
なぜリピーターの数を増やせたのか?

新広社がすべてお答えします。
下記、お問合せフォームからお問合せください!

お問い合わせはこちらから


2018.12.19 Vol.1トレンドコラム

初めまして!プロモーション部マーケターの野田です。
今後、トレンドや市場に関する情報を私なりにコラム式で配信させて
いただきますね♪ 販促の参考に、またご協力ができれば幸いです。

もうすぐクリスマスですね。皆さんはどう過ごされますか?
同期や友人との間では、乾燥する季節でもありますので
保湿力の高い化粧品やクリスマスコフレなどの話がよくでます。

その中でも最近よく聞くワードは「ブルべ・イエベ」です。
雑誌やテレビでも見たことがある、聞いたことがある、 という方は多いのではないでしょうか。
これは「ブルーベース」・「イエローベース」の略で、人それぞれ肌や髪、
瞳の色によって似合う色が違うため、似合う色を見つけるために2つに
分けられた肌のトーンの違いのことです。
「ブルーベース」であれば青みより、「イエローベース」であれば黄みよりの肌のトーンのことです。
そのブルベ・イエベの中でも、イエベには春・秋、ブルベには夏・冬といった カテゴリ分けがされており(長くなるので割愛いたしますが…)、
自分に似合う化粧品や服の色を知るために自分がどっちなのかを知りたい! という女子は本当に多いです。

SNSが流行する少し前までは、「CMで見た」「芸能人が使っている」から1つの決まった商品を使う、 というトレンドの流れがありましたが、現在は「誰々が使っている」ことよりも、 こうした「自分に似合うもの」を使いたいという「パーソナライズ」が今のトレンドの主流です。
現在は個人の髪質に合わせたシャンプーや美容液、遺伝子検査で体質に合うダイエットを提供といった さまざまなパーソナライズ商品が発売されています。

こうした流れは広告でも起きています。
個人の興味や関心、行動履歴などの情報を使ってDMを送ったり、 デジタル広告でも個人の傾向によって反映されるバナーを変えたりなども可能です。

こうしたトレンドを踏まえた広告や販促、デザインなどを私どもが協力させていただきますので、 ご興味がある方は下記、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お待ちしております。

お問い合わせはこちらから


2018.12.10 Tポイント加盟店での売上UP事例「仏壇仏具店/6年ぶりの売上前年比145%」

初めまして、Tポイント担当の黒須です。
これから毎月、Tポイントを活用した販促の好事例やTポイントに関する
トピックスを紹介させていただきます。
Tカードは現在6,700万人以上(全人口の52.3%)が保有する日本最大の
ポイントカードです。単にポイントを付与するだけでなく、CRM機能も
搭載しており販促にも活用いただけるサービスです。

新広社×Tポイント
最強の組み合わせで最適な販促プランを提供いたします。
記念すべき第一回目の企業様は
「仏壇仏具店のS社様」の事例をご紹介いたします。

2017年に3店舗導入した加盟店様です。
仏壇仏具は値引き商法になってしまうケースが多く、
商品が定価から50%引きになるケースも少なくないそうです。
そんな値引きを抑制したいと考えTポイントを導入したところ、
月平均の値引き率を大きく下回り
なんと!値引き率を「10%以下」に抑えられたそうです。
また、繁忙期にあたる7月~8月上旬にかけてTポイント倍付キャンペーンを
実施し、なんと前年比売上145%を記録しました!

なぜ売上アップを実現できたのか?どの様な手法を用いたのか?

新広社がすべてお答えします。
下記、お問合せフォームからお問合せください!

お問い合わせはこちらから


2018.3.25 アドプトフォレスト活動を実施しました。【 5回目 】

3月25日、5回目となる「新広社の森づくり」に汗を流しました。
公園の桜の梢もふくらみはじめ、ぽかぽか陽気のなか、今春仲間に加わる新入社員のみんなも参加してくれました。
さくらの広場で準備運動をすませ、芥川にかかる橋を渡って新広社の森に到着。活動を始めたころは竹林が鬱蒼としていてあまり光が射し込んでいませんでしたが、心もち林のなかにも光が届き春の日差しが眩しいです。
森林組合さんの竹を倒す実践デモンストレーションの後、2班に分かれて伐採作業を開始。今回は初めての参加者も多く何とかひとり1本、余裕があれば2本を目標に竹林と格闘。竹に鋸を入れてもなかなかうまく切り口ができず、ようやく切り倒したと思ったら、今度は木々の間には挟まれてうまい具合に倒れてくれません。倒れるときは爽快ですが、そのあとが一苦労。倒れた大きな竹を3メートル位の長さに切って、笹をきれいに払いのけます。細く切った竹と笹を綺麗に並べてようやく1本の竹の伐採、整備の完了です。
新入社員中心の1班は4月からの新しい生活の始まりを語らいながら、わきあいあいと伐採作業。ベテラン組の2班は傾斜地で踏ん張って一生懸命、のこぎりを入れていきました。
お昼過ぎになり汗をぬぐって作業終了。森林組合の方が「林のなかまでたくさんの光が射し込んで、森が生きかえる綺麗な景色ですね」と仰ってました。

2017.6.26(月)東京オフィスを移転しました。

東京オフィスは、2017年6月26日に下記の通り移転しましたのでお知らせいたします。

【移転先】
〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目2-6日本橋通り2丁目ビル9F

【連絡先】
電話番号03-5299-8331
F A X03-5299-8332
※電話番号・FAX番号に変更はありません。

【アクセス】
東京駅 [JR山手線] 八重洲中央口より東へ徒歩約7分
日本橋駅 [東京メトロ銀座線] B3番口より南へ徒歩約2分。

東京オフィス「Google Mapsで地図を見る」>>>


2017.5.14 アドプトフォレスト活動を実施しました。【 4回目 】

5月14日、4回目の里山保全「新広社の森づくり」を実施しました。 今回も社員家族含め14名が参加。朝のラジオ体操をすまして、いざ新広社の森に出発。 前日に激しく降った雨の影響で足場が心配されましたが、2班に分かれて活動開始。 竹が高いところまで伸びて絡みあい、鋸をいれてもなかなかすんなりと倒れてくれません。 皆で力を合わせて、なんとか倒したあとからが、またひと苦労。竹を細かく切り分けて、 笹を取り掃い綺麗に積み上げて整備完了。協力しあって約30本を伐採して一息休憩です。 後半は、地域の森林組合様の計らいで、みんなでタケノコ掘りに移動。前日とはうって変って いいお天気。気温もどんどん上がるなか汗びっしょりでしたが、怪我もなく無事終えることが出来ました。

2017年3月8日(水)の「テッペン企業による天下一合説」に出展しました。

マイドームおおさかで開催される「テッペン企業による天下一合説」において3月8日(水)11:00-17:00に出展しました。
【対象者】
 ●2018年3月卒業予定の大学(院)、短大、高等専門学校、専修学校等の学生、外国人留学生
 ●2017年3月卒業予定の未内定者、または既卒3年以内の若者
 ●概ね30代までの若年求職者
 ●復職/転職をめざす女性、女性活躍推進企業について興味のある方
 ●経験・スキルのあるミドル・シニア

2016.10.22 アドプトフォレスト活動を実施しました。【 3回目 】

10月22日3回目のアドプト活動を行いました。 今回は地域の協議会メンバーとの親睦を兼ねた合同のイベントも兼ねて開催されました。 当日は家族連れで26名が参加。竹林伐採班、イベントのバームクーヘン作りの準備班と地域の三好山山道整備のチームに分かれて作業を行いました。 竹林伐採チームは里山保全活動のため鬱蒼と生い茂る竹林と格闘、新広社の緑あふれる豊かな森づくりのために汗を流しました。 イベント準備班はバームクーヘンの下地づくりにみっちり時間を費やし、家族連れ参加者は原城山地区の三好山山道整備を兼ねて原城山地区を散策。 昼からはいよいよ各社チームによるバームクーヘン作り。今回初参加の新広社チームは、初めてのバームクーヘン作りに挑戦。 伐採してきた竹にこしらえたタネの下地を何層にも分けて塗り重ねていきます。タネが滴りなかなかうまくいきません。 家族総がかりで竹をゆっくりまわして火を通していきます。 なかなかきれいな形に丸くなってくれませんでしたが、竹をまわすこと約1時間半、焦げ目ができてきてようやく完成。 最後、竹からうまく抜けるかハラハラドキドキでしたが、何とか美味しいバームクーヘンが出来上がりました。

2016年7月12日(火)のリフォーム産業フェアで講演しました。

東京ビッグサイトで開催される「リフォーム産業フェア」において7月12日(火)13:00-13:30「高反響を生み出すエリアマーケティングとは」と いうテーマで弊社が得意とするエリアマーケティングを活用した集客ノウハウについて講演しました。


2016.05.15 アドプトフォレスト活動を実施しました。【 2回目 】

高槻市原山地区の原風景を取り戻すため、「新広社の森」としてお預かりしました敷地を社員全員で竹林整備に取り組み、 緑豊かな森をつくり上げるための活動・アドプトフォレスト。 3月27日の第1回に続き、去る5月15日、第2回目の活動として29名の社員家族が参加して実施しました。 当日は3班に分かれて、急な斜面をよじ登っていざ活動開始。気温もどんどん上がる中、 みんな汗だくになって鬱蒼と茂る竹林と格闘。急な斜面もあり悪戦苦闘のすえ約50本の竹林の伐採を完了しました。 一服して上を見上げると生い茂る笹野の葉っぱで覆われてた空から少し光が差し込んできました。次回活動は今秋10月を予定しています。


アドプトフォレストとは >>>

アドプトフォレスト 新広社の森  >>>

×