INTERVIEW

大阪本社 営業

N.M/4年目

大手通販企業の広告施策など
専門知識を要する業界で奮闘

歴代の得意先を守ること<br>新規営業で攻めること

歴代の得意先を守ること
新規営業で攻めること

昨年から、歴代の先輩が守り抜いてきた大手通販会社のクライアントを担当しています。折込広告のデザインから実施計画までを提案し、社外的な窓口として動いています。会社の売上に占める割合も、プレッシャーも大きい案件ですが、要所で先輩が支えてくださるので、思い切って仕事をすることができています。
その一方で、新規のプレゼン案件も増えてきています。現状では、化粧品メーカーをはじめ、多様な業種にアプローチをかけています。新広社は新規営業に力を入れているので、自分で考えて、どんどん提案することができます。チャレンジに対して前向きな社風なので、やりがいも大きいと思います。

先輩の優れた話術をお手本に<br>苦手だった会話を克服

先輩の優れた話術をお手本に
苦手だった会話を克服

営業の魅力は何といっても、人とのつながりが広がることだと思います。常に新しい人に出会える喜びがありますし、最終的にはお客様とプライベートで出かけることもあります。
いまでこそ新規営業で1時間ほど話せますが、それまでは10分ほどで終了。実は、昔から人と接するのが苦手だったんです。余計な一言で相手を怒らせてしまうこともしばしば……。
長い間、何が原因で相手が機嫌を損ねるのか理解できず、克服の方法もわかりませんでした。でもあるとき、無意識に先輩の話し方を観察している自分に気がつきました。先輩方は人との距離の取り方が適切で、とても話し上手でした。その話術と自分の失敗経験を比べながら少しずつ修正。やがてその加減がわかってくると、自信をもって仕事ができるようになりました。
基本は礼儀正しく。その上で、お客様に刺さるような話題を投げ続けていく。一旦は踏み込んでみて、違えば素直に謝ります。お客様も人間。こちらから踏み出さないと、懐には入れません。

人と会える営業は天職<br>一生を通して楽しめる仕事

人と会える営業は天職
一生を通して楽しめる仕事

自分なりの会話術を見つけてからは、仕事一辺倒の固い営業ではなく、自らが楽しむことを意識しています。お客様と仲良くなるくらいの感覚で、とにかく話して、笑って、同じ時間を共有する。もちろん提案内容の質が大前提ですが、自分が楽しくなければ、相手が楽しいはずはありません。仕事をより楽しむ意識をもてれば、新規の営業ですら、新しい人に会えるというポジティブな感情が勝ります。そういった営業スタイルをつくれたのも、それぞれの個性を活かしてくれる新広社の魅力だと思います。考えていることはきちんと提案できますし、仕事もプライベートも同じくらい楽しめる会社です。
いまとなっては営業が天職だと思っています。ずっと出会いがあるので、一生楽しめる職種です。そしていつか、お客様と楽しみながら、世の中に大きく発信できるような広告を打ち出すことができればと考えています。

新しい出会いがある営業は、一生楽しめる職業です。
仕事もプライベートも、常に楽しむ意識でチャレンジを

ページトップへ戻る